浜名湖の観光名所 中村家住宅(浜松市雄踏町)江戸時代の家屋にふれる事が出来ます。
■中村家住宅

中村家の歴史
中村家は、文治2年(1186)鎌倉に誕生した正範を元祖とする名門で、大和の国(奈良県)に移り住み、7代正清から大和の唐院城の城主として南朝に仕えた。文明年間、14代正實は今川義忠に招かれて、遠江国磐田郡に移り住んだ後、武功により近郷五郷を与えられ、文明15年(1483)この地に居を構え正實から3代は今川家に仕えた。その後永禄10年(1567)頃から18代正吉は徳川家康に仕えた。
天正2年2月8日(1574)、家康の側室お万の方が当家で於義丸(<おぎまる>家康の第二子・後の松平秀康)を出産した。以降同家は今切軍船兵糧奉行や代官などを勤めてきた。なお、第2次世界大戦後、31代幸八は衆議院議員として国政に貢献した。

建物の概要
中村家住宅は約3000uの広大な屋敷の中にあり、寄せ棟造り葦葺平屋建てです。


その他の文化財
中村家には建物以外にも、胞衣塚(えなづか)、長屋門などの町指定の文化財がある。これらは中村家の歴史を知るうえで貴重なものであり、現在も大切に保存されている。
観覧のご案内

●開館日     金・土・日、祝日
          ※12月28日から1月4日までは休館

●会館時間   午前9時30分〜午後4時30分
          ※入館は午後4時まで

●観覧料     高校生以上 /200円
          ※団体(20名以上)は 150円/1人
           小中学生 / 100円
          ※団体(20名以上)は 50円/1人
交通アクセス

●バス       浜松駅から宇布見山崎線「宇布見領家」(バス亭)下車
           徒歩1分

●電車       東海道本線 舞阪駅 下車 徒歩20分

●お車       東名浜松西インターから南へ15分

浜名湖の魅力満喫 お勧め観光


潮干狩り・遊覧船・海遊び,海の幸・ご宿泊・特産品,
浜名湖には魅力がいっぱい。

たきや漁・遊覧船に遊び場等、ご参考にしてください。





Copyright(C)2007 浜名商工会 雄踏支所(雄踏町) All Rights Reserved
〒431-0102 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見4859-15
TEL:053(592)5500
FAX:053(592)5315